婚活アプリを選ぶとき、口コミよりも大切なのは成婚者の数です。
婚活サイトや出会い系サイトを利用しようと考えたときに、どうしても気になってしまうのがユーザーの口コミです。

マーケティングの世界でも今や口コミのパワーを無視することができないほど、影響力のあるものになっています。

ひとりのユーザーの意見が影響力を持つ時代です。
だから私たちもモノを購入するとき、サービスを利用するときに、先ずはその商品やサービスの口コミや情報をGoogleや検索サイトで調べたりするのではないでしょうか?

しかし口コミだけで判断するのは危険です。婚活アプリを選ぶときに重要なのは成婚者の数です。
それでは、その理由をいくつか考えていきましょう。

実は危険な口コミ

商品やサービス、そしてお店などを選ぶときにどうしても気になるのが口コミです。
しかし、この口コミを鵜呑みにするのはあまりにも危険です。

口コミを書き込んでいるのは、ユーザーだけではありません。
つまりサクラが存在しています。それは提供する側が利用者をうまく誘導するための口コミかもしれません。
必ずしもユーザーだけが口コミ情報を発信していると思わないことが大切です。

成婚者の数は、あなたを裏切らない

口コミも確かにサービスを選択する上での重要な指標となりますが、それよりも成婚者の数が大切です。
会員数や男女比なども大切ですが、なんといっても成婚者の数に目を向けるべきです。
つまりそのサービスを利用して、どれだけの人が結婚にたどりつくことができたかです。

成婚者の数は嘘をつきません、会社で言えば最終利益のようなモノです。
会員数の多さに惑わされることなく、成婚者の数を判断の基準にしましょう。

婚活アプリは成婚者の数で選ぼう

どんなに会員数が多くても、どんなに素晴らしいサービスを提供していても、結婚できなければ意味がありません。
婚活アプリを決めるときは、口コミ情報を鵜呑みにせずに信じられるデータ、成婚者の数でアプリを決めましょう。

お勧めの婚活アプリ情報動画